いま有力エコノミストが注目する業種は?

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

一方、エコノミスト各氏の独自の判断により、「期待できる業種」にも「期待できない業種」にも挙げられている業種がある。

そうした業種は、「もう買えない」と「まだ買える」などの強弱対立局面にあり、投資妙味セクターと見ることもできるだろう。

今回は6位「医薬品」、同順6位「銀行業」、そして28位「電気機器」の3業種がそれに該当する。

ランキング下位の業種を見てみると、輸入原燃料への依存度が高く、円安は逆風となる企業が多い「パルプ・紙」が32位となった。

また、輸入燃料高と原発問題がダブルパンチの「電気・ガス業」が最下位の33位となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT