中国「独身の日」商戦、アリババの取引急増

1時間で50億ドル突破、24時間でどこまで

 11月11日、中国で、国内のインターネット通販会社が毎年競ってセールを繰り広げる「独身の日」の商戦が始まった。写真は9日に独身の日のリハーサルでポーズを取るアリババの馬雲(ジャック・マー)会長。提供写真(2016年 ロイター/China Daily)

[深セン 11日 ロイター] - 中国のインターネット通販会社が毎年競ってセールを繰り広げる11月11日の「独身の日」の商戦は、11日午後の時点で国内通販最大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>の取引額が昨年の912億元(133億6000万ドル)を超えた。ただ、伸びは昨年の60%を下回っている。

「独身の日」はネット通販の楽しみを提供することで独り身を励まそうというコンセプトで2009年にアリババが始めた。今年も11日午前0時にスタートした。

アリババの取引額は、商戦開始5分以内で10億ドルを達成し、1時間で50億ドルを突破した。

アリババによると、2013年の1日の取引額である350億元(51億5000万ドル)を今年は開始1時間で達成した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 小幡績の視点
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。