クボタ株主総会、アジア展開の加速を強調

業績は順調推移、決議事項はあっさり可決

株主からは「水・環境事業はもっと伸びてもいいのではないか」という質問が出た。益本会長兼社長は、「日本国内での伸びは期待できない。今後はアジアの需要をいかにつかまえるか。アジアのニーズをつかまえた形で、大きく伸ばしたい」とした。

また、南東北から参加したという農業経営者とみられる株主の「雪害対策用の機械を作ったので御社で売ってほしい」との質問(?)には、益本会長兼社長は苦笑しつつも、「チャンスがあれば」とていねいに回答していた。

その後、社外取締役、社外監査役の責任限定契約の規定追加に伴う定款変更、取締役8名選任、取締役賞与支給など4項目の決議事項を、何の波乱も質問なくあっさりと可決。予定調和的とも見える株主総会は、50分足らずで終了となった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT