不倫容認!高学歴夫婦「オープン婚」の実態

「賞味期限」が終わる前に満たされたい!

しかし、多くの女性は恋愛をしたいと感じている。身もふたもない話だが、女としての承認欲求は、男性に欲情されることで満たされる。もちろんその男性とは運命共同体である夫ではない。アラフォーの既婚女性はエロいとか、男を誘っているなどよろしく言われている。その根底にあるのは、女としての賞味期限が終わってしまう前に満たされたいという焦燥感だろう。日本の男性の多くは、女性は若ければ若いほどいい、という女性観が刷り込まれている。だからこそ、“まだ若いうちにもう一勝負”と婚外恋愛に向かうのだ。

「僕自身もオープン婚になってから、この5年でワンナイトラブも含めると、10人くらいの女性とエッチしましたが、長く続いているのはW不倫の人ばかり。でもそれも、すぐに飽きて、お互いがフェードアウトしてそれぞれの家庭に帰っていく。

「相手」は大学の同級生や後輩

僕の漁場(笑)は、SNSで再会した大学の同級生や後輩です。彼女たちも妻同様、夫以外にパートナーを求めている。こんなことを言うと差別的だと思われるかもしれませんが、学歴が低い女性と恋愛してもあまりいいことがないんです。女性に尊敬される、ちょっとバカにしつつ支配できるというのは、一時的な満足感がありますが、でもそれはフーゾクと似ています」

お互いのラブアフェアを報告し合うことは、山田さん夫婦はいっさいしていない。

「今日は浮気相手と会っているんだろうな、と思うこともありますが、そういう日にかぎって妻は仕事でボロボロになって帰宅したりするから、男のカンというものはあてにならないですね」

山田さん夫妻をはじめ、オープン婚をしている夫婦の多くは、他人の遺伝子と性感染症は家庭に持ち込まないという暗黙のルールを守っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT