なぜiPhoneの販売減少が止まらないのか

アップルが発表した第4四半期決算の中身

 10月25日、米アップルが25日発表した第4・四半期決算(9月24日まで)によると、スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数は4551万台となり、アナリスト予想平均の4480万台を上回ったものの、3四半期連続で減少した。ニューヨークで7月撮影(2016年 ロイター/Andrew Kelly)

[25日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>が25日発表した第4・四半期決算(9月24日まで)によると、スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」の販売台数は4551万台となり、アナリスト予想平均の4480万台を上回ったものの、3四半期連続で減少した。

決算発表を受け、アップルの株価は時間外取引で2.8%安の114.99ドルで推移している。

売上高は9%減の468億5000万ドルで、3四半期連続での減収。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリスト予想平均469億4000万ドルも下回った。

大中華圏の売上高は29.8%減

アップルが次の成長市場と位置づけていた大中華圏の売上高は29.8%減。前四半期の33%に続く大幅減となった。

純利益は90億1000万ドル(1株当たり1.67ドル)となり、前年同期の111億2000万ドル(同1.96ドル)から減少した。ただ1株利益はアナリスト予想平均の1.66ドルをやや上回った。

年末商戦を含む現四半期の売上高は760億─780億ドルになると予想。アナリスト予想平均は750億8000万ドルとなっている。

次ページサムスン「ノート7」打ち切りの影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。