カブスが71年ぶりにワールドシリーズ進出

ドジャース(西地区)に5-0で完封勝ち

 10月22日、MLBナショナル・リーグ優勝決定シリーズ第6戦、カブスが地元でドジャースに5─0で完封勝ち。対戦成績4勝2敗で71年ぶりのワールドシリーズ進出を決めた(2016年 ロイター/Jerry Lai-USA TODAY Sports)

[22日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は22日、ナショナル・リーグ優勝決定シリーズ(7回戦制)第6戦を行い、カブス(中地区)が地元でドジャース(西地区)に5─0で完封勝ち。対戦成績4勝2敗で71年ぶりのワールドシリーズ進出を決めた。

カブスは1回にクリス・ブライアント三塁手の適時打などで2点を先制。その後も得点を重ねてドジャースを突き放した。

カブスはワールドシリーズでアメリカン・リーグ王者インディアンスと対戦。第1戦は25日、敵地クリーブランドで行われる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。