「自動運転で米国横断」、テスラは正気なのか

イーロン・マスクの野望はまだまだ尽きない

――新しい自動運転の機能はすぐにフルで使えるようになるのか。それとも機能が少しずつ追加されていくのか。

新しいハードウエアはシステムの調整に時間を要するため、最初の2~3カ月、つまり12月頃までは従来のオートパイロットの機能の一部が使えない。ただその後は2~3カ月ごとに自動運転機能のアップデートが繰り返し行われる予定だ。

車のあちらこちらにカメラが埋め込まれている

来年末までにはロサンゼルスの家からニューヨークのタイムズスクエアまで、ハンドルに指一つ触れずに自動運転で横断したい。もちろん駐車も自動だし、充電も自動だ。

――旧型のハードウエアに比べて、コストはどれくらい違うか。

今回の完全自動運転機能の場合は、約8000ドルにまで積み上がっている。一方で、旧型は3000ドルほどだった。

購入時のオプションは原則2つ

――完全自動運転以外のオプションはないのか。

車を購入するときには2つのオプションがある。8つのカメラを搭載した完全自動運転と、カメラを4つに絞った「エンハンスド・オートパイロット」だ。「エンハンスド」の場合は、従来のオートパイロットにカメラが3つ加わったものというイメージだ。高速道路上の自動運転が可能で車線変更や追い越しなどができる。

旧型のハードウエアを搭載した車も、ソフトウエアを更新することで改善は継続する。ただカメラは1つだけなので限界はある。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT