AT&Tとタイム・ワーナーが合併?

両社幹部が合併含む戦略めぐり協議

10月20日、米AT&Tとタイム・ワーナーの幹部が合併を含む多岐にわたるビジネス戦略について協議したと、ブルームバーグが関係筋の情報として報じた。ニューヨーク証券取引所で昨年5月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[20日 ロイター] - 米通信大手AT&T<T.N>とメディア大手タイム・ワーナー<TWX.N>の幹部が合併を含む多岐にわたるビジネス戦略について協議したと、ブルームバーグが20日、関係筋の情報として報じた。

ブルームバーグによると、協議はここ数週間で行われた。両社とも現時点で金融アドバイザーは起用していない。

タイム・ワーナーとAT&Tはともにコメントを拒否した。

タイム・ワーナー株は4.7%高で引けた後、時間外でやや上昇。AT&T株は1.8%安で引けた。

タイム・ワーナーはケーブルテレビ局HBO、ニュース専門局CNN、映画会社ワーナー・ブラザースなどを傘下に持つ。

通信会社の間では数年前からメディア資産の争奪戦が始まっている。消費者のテレビ離れが進む中、価値あるコンテンツを確保し、顧客にオンラインで提供するのが狙いだ。

AT&Tは昨年、衛星放送大手ディレクTVを485億ドルで買収した。

タイム・ワーナーの時価総額は約650億ドル。AT&Tは約2380億ドル。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。