AT&Tとタイム・ワーナーが合併?

両社幹部が合併含む戦略めぐり協議

10月20日、米AT&Tとタイム・ワーナーの幹部が合併を含む多岐にわたるビジネス戦略について協議したと、ブルームバーグが関係筋の情報として報じた。ニューヨーク証券取引所で昨年5月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[20日 ロイター] - 米通信大手AT&T<T.N>とメディア大手タイム・ワーナー<TWX.N>の幹部が合併を含む多岐にわたるビジネス戦略について協議したと、ブルームバーグが20日、関係筋の情報として報じた。

ブルームバーグによると、協議はここ数週間で行われた。両社とも現時点で金融アドバイザーは起用していない。

タイム・ワーナーとAT&Tはともにコメントを拒否した。

タイム・ワーナー株は4.7%高で引けた後、時間外でやや上昇。AT&T株は1.8%安で引けた。

タイム・ワーナーはケーブルテレビ局HBO、ニュース専門局CNN、映画会社ワーナー・ブラザースなどを傘下に持つ。

通信会社の間では数年前からメディア資産の争奪戦が始まっている。消費者のテレビ離れが進む中、価値あるコンテンツを確保し、顧客にオンラインで提供するのが狙いだ。

AT&Tは昨年、衛星放送大手ディレクTVを485億ドルで買収した。

タイム・ワーナーの時価総額は約650億ドル。AT&Tは約2380億ドル。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT