三菱自動車、今期最終赤字2400億円に拡大

リコール費用積み増し響く

 10月19日、三菱自動車工業は、6月に公表した2017年3月期連結業績予想を下方修正し、特別損失を計上する見込みになったと発表した。写真は都内で8月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 19日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は19日、2017年3月期連結業績予想を下方修正したと発表した。250億円の黒字を想定していた営業損益は280億円の赤字(前期は1383億円の黒字)に転落し、最終赤字は従来予想の1450億円から2400億円(同725億円の黒字)に拡大する見通し。

円高や将来発生した場合の備えとしてのリコール(回収・無償修理)関連費用の積み増しが響く。

営業損益予想に対しては、想定為替レートを円高方向に見直したことで340億円、リコール費用の積み増しで380億円のマイナスとなる。中東や中南米など新興国の市況回復の遅れなどによる販売低迷も、100億円営業利益を押し下げた。

燃費データ不正が発覚した軽自動車の生産拠点だった水島製作所(岡山県倉敷市)の減損見直しにより155億円の特別損失を計上したことなどもあり、最終赤字は従来予想より膨らむ見込みとなっている。

*内容を追加して再送します。

 

(白木真紀)

人気記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。