三菱自動車、今期最終赤字2400億円に拡大

リコール費用積み増し響く

 10月19日、三菱自動車工業は、6月に公表した2017年3月期連結業績予想を下方修正し、特別損失を計上する見込みになったと発表した。写真は都内で8月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 19日 ロイター] - 三菱自動車<7211.T>は19日、2017年3月期連結業績予想を下方修正したと発表した。250億円の黒字を想定していた営業損益は280億円の赤字(前期は1383億円の黒字)に転落し、最終赤字は従来予想の1450億円から2400億円(同725億円の黒字)に拡大する見通し。

円高や将来発生した場合の備えとしてのリコール(回収・無償修理)関連費用の積み増しが響く。

営業損益予想に対しては、想定為替レートを円高方向に見直したことで340億円、リコール費用の積み増しで380億円のマイナスとなる。中東や中南米など新興国の市況回復の遅れなどによる販売低迷も、100億円営業利益を押し下げた。

燃費データ不正が発覚した軽自動車の生産拠点だった水島製作所(岡山県倉敷市)の減損見直しにより155億円の特別損失を計上したことなどもあり、最終赤字は従来予想より膨らむ見込みとなっている。

*内容を追加して再送します。

 

(白木真紀)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT