試験中の自動運転車が大型トラックと衝突

シンガポールで事故、負傷者なし

 10月18日、シンガポールで、公道を走行試験中の自動運転車が大型トラックと衝突した。写真は試験走行中のヌートノミーの自動運転タクシー。シンガポールで8月撮影(2016年 ロイター/Edgar Su)

[シンガポール 18日 ロイター] - シンガポールで18日、公道を走行試験中の自動運転車が大型トラックと衝突した。運輸当局が明らかにした。負傷者はいなかったという。

「車線を変更しようとして、試験車は大型トラックとぶつかった」と、当局はフェイスブックに投稿した。

同車を開発したヌートノミーによると、車にはエンジニア2人が同乗し、ゆっくりした速度で走行していたという。

自動運転技術の開発は世界各国で進められているが、国土や労働力に限りのあるシンガポールでは、自動運転車により、車のシェアや公共交通の利用増加が期待されている。

現在、4つのグループが自動運転車の走行試験をシンガポール西部で行っている。試験走行が許可された道路は先月、12キロに倍増した。

東南アジアでライドシェアサービスを展開する配車アプリ会社Grab(グラブ)は先月、自動運転車両の配車サービスを目指し、ヌートノミーと提携した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。