32歳高年収女子が対峙した「非モテ男」の正体

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<12>

お気に入りの服を着ても、気分が上がらない杏子。三人目のマッチングははたして…
典型的な結婚できない女、杏子、32歳。
慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2000万円を優に超える。
美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。
婚活に危機感を持ち始めた杏子は、結婚相談所に登録した。婚活アドバイザーの直人からアドバイスを受けつつ、2回目のマッチング相手・正木とは、イイ感じに。しかし、直人からは3回目のマッチングを勧められてしまった。

婚活とは、なんと酷な道なのだろう!

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

週末の夕方、杏子は恵比寿のウェスティンホテルに足を運んでいた。3人目のマッチング相手、桜田に会うためである。

杏子は秋らしく、ボルドー色のISSAのワンピースに身を包んでいた。キャサリン妃愛用で有名なこのブランドの服は、長身でスリムな杏子の身体を、さらに美しく上品に演出してくれる。ドアマンたちが杏子に送る視線は、一段と温かい。当然だ。自分ほどゴージャスに、このハイクラスなホテルのロビーを彩らせる女も、中々いないだろう。

しかし、お気に入りの服を着ても、ドアマンたちに賞賛の眼差しを向けられても、杏子の心はイマイチ後ろ向きであった。待てど暮らせど、正木からの連絡がなかったからだ。

――あの夜は、一体何だったの……。

正木の抱擁を思い出すたびに、杏子の胸の奥は、ズキンと痛む。しかしそんな状態でも、傷心に暮れている暇など一切ないと、直人は言った。他の男のことで胸を痛めながら、新規の男ともマッチングに挑まなければならぬとは、婚活とは、なんと酷な道なのだろう。

次ページ3度目のマッチング!相手はどんな男性...?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT