アマゾン、「漫画用キンドル」は売れるのか?

同社史上初!日本限定モデル投入の狙いは

ついに登場した日本限定モデルは、マンガファンをつかめるか(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)

4月に登場した薄型、超軽量の「キンドル オアシス」に続き、アマゾンが取り組んだのは「マンガ」だった。新たな端末は、日本のマンガファンを取り込むことができるだろうか。

アマゾンは10月18日、マンガに特化した電子書籍端末「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」を発表した。これまでのキンドルは全世界共通モデルだったが、今回は日本限定発売。アマゾンがひとつの国に特化したモデルを投入するのは初めてだという。

平均700冊を持ち歩ける

マンガに特化したモデルだが、小説などの本も読むことができる。価格は1万6280円。年額3900円で動画や音楽などさまざまなサービスを受けられる「アマゾン・プライム」会員なら、1万2280円で購入できる。

キンドルストアには和書が40万タイトルあり、うちマンガは16万タイトルを占める。マンガは人気の高いコンテンツだ(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)

端末のスペックを確認しよう。ストレージは、従来のキンドル(4ギガバイト)の8倍となる32ギガバイトに増強した。マンガなら数百冊(平均700冊)を持ち歩ける。小説など、本の場合は数千冊を保存できるという。

また、従来のキンドルには高速通信のLTEを搭載したモデルもあったが、今回はマンガの大きなデータをダウンロードすることもあり、Wi-Fiモデル限定となっている。

次ページページをめくる速度が一気に向上
人気記事
トピックボードAD
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。