ニッポンの筆記具、「逆風下」で稼ぐ秘訣

パイロットと三菱鉛筆が過去最高益うかがう

さらもここにきて、海外で日本メーカーの飛躍のカギとなる商品もあらわれようとしている。現在、日本では定番商品としての地位を確立した低粘度油性ボールペンだ。「アクロボール」(パイロット)や「ジェットストリーム」(三菱鉛筆)などが有名だが、パイロットは今年、米国で同商品の販売を開始する。

なめらかさが水性やゲルインキに劣ると、海外では敬遠されてきた油性ペンだが、油性は耐水性、耐久性に優れている利点を持つ。そこになめらかに書ける油性ペンが認知されれば、広く受け入れられる余地は十分にありそうだ。しかも、低粘度ボールペンは、パイロットや三菱鉛筆以外の国内メーカーも積極的に開発してきた分野。海外でヒットすれば、ふたたび日本の筆記具産業がふたたび拡大する起爆剤になるかもしれない。

(撮影:尾形 文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT