アウディがパリで見せた最新モデルの数々

注目は新型SUV「Q5」だけじゃない

アウディ新型RS3 セダンが登場──パリモーターショー2016現地レポート

モータースポーツ活動で得られたノウハウをアウディに

最後に登場したのは最高出力400psの直5 2.5リッター ガソリンターボ エンジンを積むRS3 セダン。すでにRS3 スポーツバックが日本でも紹介されているので決して目新しさはないが、注目されるのは、このモデルを紹介するために、元ランボルギーニのCEOで、今年に入ってアウディ R8やRSモデルの企画・開発を担当するクワトロGmbHのCEOに就任したステファン・ヴィンケルマンが登場したことにある。

しかも彼は、クワトロGmbHが先ごろアウディ スポーツと社名変更を行ったことを発表。モータースポーツ活動で得られたノウハウをアウディのスポーツモデルの開発に余すところなく活用するとともに、ブランドとしてのアウディ スポーツをさらに活性化させていくと語った。

ここのところメルセデスはAMGにV6モデルを追加ラインナップしたり、BMWはMの弟分というべきMパフォーマンスモデルを設定したりと、スポーツモデルを拡充する動きが顕著だが、アウディ スポーツの場合もそれらと同じ流れあると見て間違いないだろう。

(文:大谷達也)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT