アウディがパリで見せた最新モデルの数々

注目は新型SUV「Q5」だけじゃない

アウディ新型RS3 セダンが登場──パリモーターショー2016現地レポート

モータースポーツ活動で得られたノウハウをアウディに

最後に登場したのは最高出力400psの直5 2.5リッター ガソリンターボ エンジンを積むRS3 セダン。すでにRS3 スポーツバックが日本でも紹介されているので決して目新しさはないが、注目されるのは、このモデルを紹介するために、元ランボルギーニのCEOで、今年に入ってアウディ R8やRSモデルの企画・開発を担当するクワトロGmbHのCEOに就任したステファン・ヴィンケルマンが登場したことにある。

しかも彼は、クワトロGmbHが先ごろアウディ スポーツと社名変更を行ったことを発表。モータースポーツ活動で得られたノウハウをアウディのスポーツモデルの開発に余すところなく活用するとともに、ブランドとしてのアウディ スポーツをさらに活性化させていくと語った。

ここのところメルセデスはAMGにV6モデルを追加ラインナップしたり、BMWはMの弟分というべきMパフォーマンスモデルを設定したりと、スポーツモデルを拡充する動きが顕著だが、アウディ スポーツの場合もそれらと同じ流れあると見て間違いないだろう。

(文:大谷達也)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT