スバル、米国工場増強後の課題

カギは中国ビジネスか

現在、米国工場では主力車種「レガシィ(米国名は『アウトバック』)」「インプレッサ」のほか、トヨタ自動車の人気セダン「カムリ」の生産も受け持っている。スバルは約400億円を投じる米国工場の能力増強に併せて、一部のラインを混流生産ができるように改造。需要の変動に柔軟に対応できるようにもする。

一方、米国現地工場の増強後に、生産能力が余剰になってはたまらない。北米市場に頼り切らないように、日本と北米以外の地域でも、販売台数をさばけるようにもしていかなければならない。吉永社長は「今は好調だから米国を増強するが、他地域での販売体制も同時に強化していく」と述べる。その重点地域の一つが、13年初から販売員や組織の強化に取り組んでいる中国だろう。

中国の現地生産は先送り

米国増強の裏側には、中国ビジネスの存在がある。実はスバルは、11年7月に中期経営計画(11~15年度)を公表した時点では、中計期間中に、中国での現地生産を目指すとしていた。しかし、当局からの認可が下りず、吉永社長は12年5月に「中計期間中の中国生産開始は困難」との見通しを示していた。

スバルにとっては中国での現地生産をひとまず先送りしたことで、米国の増強に集中できる面もある。今後の現地生産の有無は別にしても、中国での販売体制を強化しておくことは、安定した経営基盤を築く上でも必須となる。

(撮影:尾形 文繁)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT