ヤフーは週3休と新幹線通勤でどう変わる?

デスクはジグザグ配置でフリーアドレスに

この10年間だけを見ても、検索・情報入手の主たる方法はPCからスマホに移り変わり、IoT(モノのインターネット化)などの新たなトレンドが定着するなど、ネット企業を取り巻く環境は激変している。にもかかわらず、「われわれの働き方はちっとも変わって来なかった」(川邊副社長)。動きの速い業界で生き残っていくために、まずはオフィスというハード面を一新したわけだ。

キッチンコーナーや動画スタジオも

17階には広々としたコワーキングスペースが広がる

コミュニケーションを増やすべき対象は、もちろん社内の人間同士だけではない。新本社の17階にはコワーキングスペースを併設しており、社内外の誰でも自由に出入りできる場とした。正式にオープンする11月から来年3月末までは、同フロアはテスト期間として無料で開放され、その後は何らかの会員制を設けるなどして運用していくという。

このコワーキングスペースは、キッチンコーナーや動画収録スタジオを併設しており、さまざまなコンテンツ制作に役立てることができる。また、フロア内の家具は大型の間仕切りも含め、ほとんどすべてが可動式となっている。スペースを広く取って、大人数のセミナーを開催するなどにも活用できそうだ。

そして何より特筆すべきは、ハード面だけでなく、ヤフーが「働き方改革」などの制度面を抜本的に変えようとしていることである。

次ページAIや機械学習でもっと効率化できる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。