ヤフーは週3休と新幹線通勤でどう変わる?

デスクはジグザグ配置でフリーアドレスに

新オフィスお披露目の場では、「新幹線通勤制度」(月額15万円が上限)のほか、社員の心身の健康増進を推進するチーフ・コンディショニング・オフィサー(CCO、宮坂学社長が兼任)の導入などが明かされた。

最も目を引くのは、「週休3日制度」の実現に向けた動きだ。本間浩輔・コーポレート本部長は「全社員にすぐ導入できるようなものではないが」としたうえで、「人事・評価制度的に成果に応じて給与を払う形が整っていけば、(働き方に)もっと自由度はあっていい」と意欲を見せる。「AI(人工知能)や機械学習を駆使し、作業に割かれる時間を減らすことで、週休3日を実現したい」(川邊副社長)。

大事なのは本当に運用されているかどうか

ヤフーは国内最大規模のニュースインフラとして地位を盤石化する一環で、地域性や興味・関心など、よりユーザー個人の属性を反映したサービスの充実を図っている途上。だからこそ社員についても、生産性を維持・向上しながら、画一的な働き方から脱却してほしいと望む。介護や育児に時間を振り分けたり、地域活動に参加したりするどして、そこから得られる学びを次の業務やサービス開発に生かしてほしい、という思惑があるのだろう。

これに先駆けて導入している、オフィス以外の場所で執務することができる「どこでもオフィス」の制度では、従来の月間2回までという制約を月間5回までに拡大している。「給料は、勤務時間や働き方(を守ること)に対して払っているわけでなく、業績に対して払っている。成果を上げるために適した場所で働いてもらえれば」(本間本部長)。

とはいえ、重要な課題も残っている。どこでもオフィスの利用状況を尋ねてみると、「使う人は、本当にフルに使っているんですけどね……」(本間本部長)と、あいまいな反応。「自分の周りで使っている人はほぼいない」(同社の30代社員)という声も聞かれる。ヤフーの画期的な試みが成功するかどうかは、作った制度を社内にどう浸透させていくかにかかってくるだろう。

(撮影:尾形文繁)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT