フィリピン大統領ドゥテルテとは何者なのか

法律無視で麻薬犯罪者を処刑する強面の素顔

ドゥテルテの勝因はどこにあるのか。これまでのフィリピンの政治家は「豊かさ」を約束してきたのに対し、ドゥテルテはダバオ市長時代の実績である「規律」の徹底が支持を得た。その背景には、国家制度が機能していないという、国民のいらだちがある。自国の高い経済成長が続く中で、バラマキではなく、規律による社会改革が求められるようになったこともあるだろう。

麻薬撲滅戦争が支持されるのも、官民の結託した麻薬ビジネスがフィリピンの腐敗の象徴、と考えられているからだ。とはいえ、負の側面も見逃せない。ドゥテルテは既存制度を非効率なものと見下して回避しようとする。

超法規的な処刑が横行

6月末にドゥテルテが大統領に就任後、すでに3000人以上が麻薬撲滅戦争の過程で殺された。警察は麻薬関係者が抵抗してきたので射殺したと主張するが、実際は警察自身や民間人による超法規的な処刑が横行している。麻薬の密売にかかわってきた警察らが、麻薬の売人や常習者に自分もグルだったと密告されるのを恐れ、“口封じ”に走っているのだ。これをドゥテルテは黙認する。

当記事は「週刊東洋経済」10月8日号<10月3日発売>からの転載記事です

ドゥテルテの統治は、厳格な規律で社会を統治する「強い国家」を目指す反面、そのために既存制度を軽視することで国家体制を弱体化させてしまいかねない。法律家出身の大統領が超法規的な手段に訴えるという自己矛盾は、フィリピンが抱える問題の根深さを物語っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT