通信障害を連発、好調KDDIの死角

Eメール不具合の真相とは

KDDI(au)は4月25日、16日未明から19日にかけて発生したEメールのリアルタイム送受信システムの通信障害について都内で会見を開いた。

KDDIによると、16日未明からサービスが利用できなくなり、一度復旧するも、再び午前中から利用できない状況が続いた。その後も19日にかけてサービスを利用しづらい状況が続き、さらに、メールボックスに入っている連絡先情報(連絡先、カレンダーなど)が表示できない状況になったという。全国で最大288万人に影響が及び、約4万人から問い合わせがあった。

KDDIの嶋谷吉治・技術統括本部長

会見に登壇した技術統括本部長の嶋谷吉治氏は冒頭、「昨年末にも障害を起こしており、利用者の皆様に大変申し訳ない」と謝罪した。

今回の障害はリアルタイム送受信システムのバージョンアップ作業時に発生したものだ。作業中にユーザー認証サーバーで認証エラーが発生。その後エラーを解消し、作業を続行したが、システム上、2台あるうちの片方のサーバーが故障。もう片方も処理オーバーでダウンしてしまった。再起動後も高負荷状態となり、利用しづらい状況が続いたという。KDDIとしては、各種の点検や復旧手順の見直し、ストレージ増強など、順次対策を講じていくという。

次ページ通信障害、つい最近も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT