通信障害を連発、好調KDDIの死角

Eメール不具合の真相とは

この年末年始にも大規模障害が発生

KDDIは昨年12月31日と今年1月2日にもLTE対応端末でネット接続ができなくなる障害を起こしている(最大180万人に影響)。今回は異なる要因による障害だが、ユーザーにとって「サービスが利用できない」という面では同じことだ。復旧まで2日以上と長時間を要した事実も重い。

前回の障害以降も、KDDIは「auスマートバリュー」(固定回線とスマホのセット割引)などを武器に、順調に顧客獲得を進めている。ただし、通信障害が今後も頻発するようなことがあれば、せっかく他社からの流入で獲得したユーザーも離れてしまいかねない。通信事業者としてユーザーからの信頼を保つことができるのか。全社的に抜本的な対応が求められそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT