メディアはプラットフォームに頼ると危ない

Facebook、Googleが全てを吸い上げていく

画像を拡大
Facebookからの月間トラフィック占有率

フェイスブックとグーグルは、パブリッシャーにとってなくてはならないトラフィック供給源だ。ソーシャルアナリティクス企業 ニュースウィップが先月発表した調査結果によれば、調査対象となったパブリッシャーの5分の1は、フェイスブックからのトラフィックが全トラフィックの21~40%を占めた。さらに4分の1では、フェイスブックからのトラフィックが全体の41~100%にのぼった。このようなパブリッシャーは、検索エンジンの王座に長く君臨するグーグルにも、強く依存している。そのフェイスブックとグーグルが、そろって読者をプラットフォームから出すまいと手を打ってきているのだ。

こうした動きは、パブリッシャーがどれだけオーディエンスを収益につなげられるかに重大な影響を及ぼしている。たとえば、グーグルの高速記事フォーマット、AMP(Accelerated Mobile Pages)は、 すべての広告タイプに対応しているわけではない。フェイスブックの高速読み込み記事テンプレート「インスタント記事」からの広告収入は、もとから自社サイト広告収入よりも低かったが、さらに下がり続けていると不満を漏らすパブリッシャーもいる。英紙「インディペンデント」によれば、インスタント記事の広告料は今年になってから 15%以上も下落したという。

画像を拡大
フェイスブックへのリンク投稿の平均シェア率

インスタント記事は、読み込みこそ速いものの、そこから提供されるオーディエンスデータは、自社サイトで得られるデータに遠く及ばないと、パブリッシャーは不満を訴えてきた。

こうした新フォーマットを避けることもできるが、それには危険がともなう。ソーシャルアナリティクス企業バズスモーによれば、フェイスブックからパブリッシャーサイトに読者を誘導するリンクベースの投稿のリーチは、今年に入って急激に減少しているという。フェイスブックがプラットフォームを離れずに読めるインスタント記事を推奨しているためだ。

読者をつなぎ留める工夫

フェイスブックとグーグルがパブリッシャーにとって頼りになるトラフィック供給源であったときも、読者を引き止めておくのは至難の技だった。高い直帰率に対抗するため、パブリッシャーは読者の自社サイト滞在時間を延ばしたり、ニュースレター登録やサイトのメンバー登録といった形で読者をつなぎ留めたりしようと試みてきた。

次ページ読者の反応に応じた変化を加えて
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT