大和ハウス、コスモスイニシアをついに買収

首都圏強化でマンション4強に迫る

――マンションブランドは統一するのか。

大和ハウス・大野社長 ブランドの統一は今のところ、まったく考えていない。スタート時はそれぞれの形でやっていく。コスモスイニシアの造るものを信頼している。

再建中は手掛けられなかった案件も強化へ

――あらためて、コスモスイニシアにとっての提携のメリットは何か。

コスモスイニシア・高木社長 財務面では、優先配当の伴う、普通株への転換権が付いた優先株を今回、一挙に消却できるということが、財務面での最大の改善となる。大和ハウスと提携するということが、銀行との交渉においても力を発揮したと認識している。今後、大和ハウスに180億円の融資保証枠を設定していただくということについても、従前とまったく違う財務状況が確立できるという点で、当社の大きなメリットとなる。

事業面では、中規模、大規模、あるいは今後ますますニーズのある古い団地の建て替え、駅前の再開発事業などは、昔はやっていたものの、(再建途上にあった)この3年半はなかなか単独で手掛けられなかった。こうした需要も、大和ハウスとご一緒することで手掛けていける。

リフォーム、リノベーションのニーズについてもますます高まってくる。当社の供給済み物件も修繕の時期を迎えてくる。提携することで伸ばしていける分野だと考えている。

中古住宅の流通がますます増えていくことは、誰がみても明快だ。中古住宅の流通においても大和ハウスと一緒に取り組むことで、膨らんでいくマーケットでのシェアを獲得することが十分考えられる。そうしたことが今回の資本業務提携の大きなメリットだ。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT