新興メディアが老舗に飲み込まれ始めた!

いつまでも子どものままではいられない?

大波にのみ込まれるか、もまれて研ぎ澄まされるか(写真:Anna Omelchenko / PIXTA)

デジタルメディアスタートアップと既存大手メディア企業の歩み寄りが、ここのところ相次いでニュースになっている。そして、それは、今後の両者の関係を、深く暗示しているかのよう見える。

女性にフォーカスしたパブリッシャー「Refinery29」は8月11日、米ケーブルテレビ向け総合チャンネルのターナーから、4500万ドル(約45億円)の資金を調達したと発表した。

これは、既存大手メディア企業によるデジタルメディアスタートアップへの一連の株式投資の一部だ。実際、2013年以来、BuzzFeed、Refinery29、Vice Media、Vox Mediaの4社だけで、ディズニー、NBCユニバーサル、ターナー、ハーストなどの既存大手メディア企業から、16億ドル以上(約1620億円)の資金を調達している。

戦略的投資が意味するもの

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

これらの取引は、両者に恩恵をもたらす「戦略的投資」として、しばしば位置づけられる。テレビ業界は、より新しいプラットフォーム上で、若い世代のオーディエンスへリーチできる機会を得られ、デジタル業界は、成長を続けるための資金とリソースを手に入れるのだ。

つまり、衰退する既存メディアのなかで、従来の体制を崩壊させると言われていた者たちが成功すれば、既存メディアも同様に成功するという、上手い駆け引きにつがなる可能性を明示している。そして、彼らはそれを確実に行っているのだ。

「面白いことに、2~3年前、これらデジタルメディア企業によって、テレビ業界は苦境に立たされていた。そのビジネスモデルには欠陥があり、ケーブルテレビ業界は終わりに向かっているとまで言われたほどだ。また、ソーシャルチャネルを通じて何百万、もしくはそれ以上の人間にリーチできる時代に、テレビに何ができるのかとも言われた。しかし、突然、考え方に変化が表れ、デジタルメディア企業すべてがテレビで取り上げられたいと願っている」と、デジタルパブリッシングスタートアップに投資している、大手メディア企業のある幹部は語った。

次ページBuzzFeedはテレビを欲している
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT