ベンツ「GLCクーペ」はまるでスポーツカーだ

「SUV以上に楽しい」SUVの魅力

ちょっと小粋なニューモデル

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

メルセデス・ベンツのちょっと小粋なニューモデル。GLCクーペが欧州で人気を呼んでいる。日本上陸はもう少し先のようだけれど東欧でのユニークな試乗会に参加したところ、かなりオススメの内容だった。

メルセデス・ベンツはSUVのセグメントでひとつの鉱脈を掘り当てたようだ。2015年に発表し日本でも16年に発売されたメルセデス・ベンツ GLEクーペだ。SUVとクーペを合体させた、エレガントでいながらダイナミックさを感じさせるスタイリング。実際よく売れていて生産が追いつかない状況だそうだ。そこに持ってきて、ひとまわり小さなGLC クーペが発売された。

メルセデス・ベンツ GLCクーペは、アルファベットを使った車名の末尾のレターが示しているように、Cクラスに相当するセグメントに位置づけられている。日本でも人気のGLCのクーペ版といえ、全長4.73メートルのボディサイズなど取り回し性においてより使い勝手がよい。都会で映えるスタイリッシュさとともに東京など日本の各都市をはじめ、世界中でおおいに歓迎されそうだ。

メルセデス・ベンツでは、GLCクーペの試乗会として、ハンガリーとルーマニアを選んだ。あまりなじみのない場所だが、逆にそれを逆手にとって先入観を捨てるいい機会と考えたのかもしれない。アメリカの西海岸やニースではイメージ的に近すぎる?それよりクルマとじっくり向かい合ってその内容を吟味できるドライブをということで、交通量は少なく、でも景色はいい。そんな場所が提供されたのだろうか。

次ページ動画で見る新型メルセデス・ベンツ GLCクーペ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT