親と同居していなくても、相続税は減らせる

昼休みに読む、サラリーマン節税の話

その主な条件は、1)亡くなった親に配偶者がいないこと、2)親が亡くなった時に、親と同居していた法定相続人がいないこと、3)親が亡くなる3年前以降持ち家に居住したことがないことです。

それでは、冒頭の小木さん夫婦のケースにあてはめて考えてみましょう。

小木さん夫婦の母親である森山良子さんには、現在配偶者がいませんので、上記の条件1)は満たせそうです。

また、森山良子さんの長男で、同じくシンガーソングライターである森山直太郎さんは、現在、母親とは別居中のようですので、条件2)も満たせそうです。

そして、もし小木さん夫婦が持ち家ではなく賃貸住宅に住んでいるのであれば、条件3)も満たすことになりますので、将来、母親の土地を相続する際に特例を受けられます。

持ち家がある場合の裏ワザ

すでに持ち家を持っている方でも、持ち家がない場合の特例を使える裏ワザがありますので、最後にこっそり教えましょう。

その裏ワザとは、自分の持ち家を賃貸に出してしまうというものです。

自分達は別の賃貸物件に住むことで、先ほどの条件3)「持ち家に3年以上居住したことがない」を、将来の相続の時までに満たしてしまうわけです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 溺愛されるのにはワケがある
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。