「米国横断4000kmレース」知られざる全貌

往年のフェアレディZで参戦してみた

「グレートレース」という名の大冒険へ

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

参加資格は1972年以前に作られたクルマであること。全米最古のアメリカ大陸横断自動車専用ハイウェイを9日間で約4000km、ダッツン 240Zで駆け抜ける。いざ、「グレートレース」という名の大冒険へ。

クラシックカーでアメリカ大陸4000kmを走破する。正に冒険というにふさわしいラリーが、毎年、初夏に開催される「グレートレース」だ。筆者は、昨年、開催30回目を記念した「クラシックルート66」を巡る大会に参戦。このクラシックカーの大冒険に、すっかり魅せられてしまった。その勢いを借りて、今年も別のパートナーとともに参加を決意したのだった。

毎年、グレートレースはユニークなコース設定で参加者を楽しませてくれる。たいていは大陸横断タイプだが、年によっては縦断タイプのことも(来年はマイアミからシカゴまで縦断する)。2016年のコースは横断型で、「リンカーン・ハイウェイ」がテーマ。カリフォルニア州のサンラフェルを出発して、イリノイ州モーリーンに至る、9日間3800kmのラリーだ。

「ルート66」に比べると日本人には馴染みのない「リンカーン・ハイウェイ」だが、全米最古のアメリカ大陸横断(ニューヨーク〜サンフランシスコ)自動車専用ハイウェイとしてアメリカではつとに有名な道らしく、その昔、このルートを自動車で走ることは、正に冒険のようなものだったという。

次ページグレートレースとはどんなレースなのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。