日本で“バリキャリ”女医が生まれないワケ

女医3人で男性医師1人分?

バリバリのキャリアウーマンにはなれない?

以前、あるシンポジウムに出席したことがあります。テーマとしては「女性医師が長く安心して働くため」といったものでした。

講師は50代のベテラン女性医師2名。どちらの医師も大学の医学部で管理職を経験した“バリキャリ”な女性医師です。

話の内容としては、若いときの苦労や結婚、出産、その後の復職までいかにキャリアを継続させたかといったもので、「皆さんもぜひそういった生き方をしてください!」というメッセージを送っていました。

私は非常に感銘を受け、やはり女性医師としてキャリアを継続するのは大変だけど、やりがいがある仕事だなぁと感動して話を聞いておりました。

終了後、出席者の反応が気になり、ある30代の女性医師とお話ししたのですが、

「正直なところ、あんな働き方はできません!」

とキッパリ。

その医師は大学医局で35歳くらいまで勤務し、その後、結婚、出産を経験しました。現在は2人の子育てに奔走中で、保育園や幼稚園の送り迎えに加え、家庭での家事についても、妻である彼女が中心にやっています。当然、医師としてのキャリアを閉ざすつもりはないようですが、彼女としては一定の経験を積み、専門医の資格も取得したため、これから何か新たに経験したいことはないようです。しかも夫も医師で、経済的にはまったく問題ないため仕事はパートで十分という考え方でした。

結局のところ、先程のベテラン女性医師が勧めるような働き方を続ける明確な理由がないのです。

次ページ患者は女性医師を求めている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT