ギター名門ギブソンの“仰天"TOB会見

買収先のティアック社長とロックで競演

ギブソンは昨年1月にオンキヨーに出資しており、「(今回のティアック買収は)日本市場に本格的に注力し、投資することを意味している」と説明する。また、「世界のあらゆる音楽愛好家及びクリエーターの嗜好や経済力に合わせた製品を提供できることになる」(会社側)としている。

一方のティアックも、オンキヨーと相互に株式を保有する関係にある。昨年9月末現在で、オンキヨーはティアックに対し10.0%を出資、逆にティアックはオンキヨーに対して9.4%を出資している。また、ギブソンのオンキヨーに対する出資比率は13.3%となっている。

3社の機器を組み合わせたライフスタイルを提案へ

ティアックはハイエンドオーディオの開発技術を保有するだけではない。記録・再生技術に強みを持ち、ミュージシャンがレコーディングツールとして愛用する音楽制作機器「TASCAM(タスカム)」ブランドを展開している点でも、音楽業界では知られている。

会見上、英社長は「いわばファミリーというか、3社連合のような形で(今後のビジネスを)進めていきたい。たとえば、ギブソンのギターを弾いて、ティアックのタスカムで録音し、それをオンキヨーのヘッドフォンで聴く。お客様(ミュージシャン)にそのようなライフスタイルを提案していきたい」と語り、3社の連携を強化する姿勢を明確にした。

ギブソンとティアックは共同でのマーケティング活動やグローバル市場での合理化活動も見据える。

次ページ買収劇に「ビビった」の声も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT