NECと東大が「夢の半導体」でがっぷり組んだ ARMを買収した孫正義社長は顔面蒼白?

印刷
A
A

これまで、両者とも数多くの大学・企業と産学協同をしてきた。NECは大阪大学と脳型コンピューティング技術の実現のための研究所「NECブレインインスパイヤードコンピューティング協働研究所」を今年4月に設立したばかりだ。ただ、これは脳の細かい仕組みの原理を研究するもので、「今回の東大との協定とはオーバーラップしない」(江村CTO)。

東大も多くの企業と共同研究をしてきたが、NEC新野社長が「これほど大きなパートナーシップは初めて」と言うように、東大にとってもかつてない規模の産学連携となる。

五神(ごのがみ)真・東大総長は会見で、NECと東大との人材交流が昔から深い関係があることを強調した。東大からNECに入社した理工系研究科・学部卒業生は約470人(在籍者数)で、うち博士が約60人、修士が約320人であることを明かした。さらに「NECから東大に転籍したNECのOB・OGもいる」とも指摘。先端科学研究センターで量子情報処理を研究する中村泰信教授や生産技術研究所の高宮真准教授が「NECのOBだ」と、満足そうに語った。

このほか、協定では「フューチャーAIスカラーシップ」という奨学金制度を創設。毎年博士課程の大学院生2人をメドに月20万円×3年分の計720万円の奨学金をNECが寄付する。奨学金を受けた学生は、修了後に返済する義務がない。また、人文系の産学協同も構想。東大の人文系研究者とAIの倫理・法制度について議論していく。

NECにとっては久々の朗報

ブレモルが実現すれば、日本発の画期的な半導体が誕生することになる。その果実はどう分担するのか。東大の副学長で産学協創推進本部の渡部俊也本部長は、「IP(知的財産権)についての東大のひな型から脱却し、一から契約設計を考え直している」と柔軟な姿勢を見せている。

NEC新野社長も「何も決まっていない」と語るが、東大は世界初の論文掲出という名誉を、NECは製品化によって収益機会を得る、という形になるのかもしれない。

第1四半期(4~6月期)に発表した業績が大幅な赤字になるなど、最近、明るい話題に飢えていたNEC。今回のAIにおける東大との連携は、久々に将来に向けて希望の持てる発表となったといえる。

他社への影響もありそうだ。7月にソフトバンクグループの孫正義社長は英半導体設計大手ARMホールディングスを3.3兆円で買収すると発表。英裁判所の許可も下り、9月上旬にも買収が成立する。ARMの魅力は低消費電力。買収の目的はIoTにARMの半導体を使うことだ。しかし、同様に低消費電力を実現するブレモルが製品化されれば、ARMの魅力も損なわれかねない。孫社長の胸のうちは穏やかではないだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT