テンプHD、大型M&Aで王者リクルート追う

人材サービス大手、インテリジェンス買収の狙い

KKRの簑田秀策社長

KKRジャパンの簑田秀策社長は会見後に「大変なリターン。大変なサクセスストーリー。投資家に胸を張って言える。それもグリーディ(強欲)に儲ければいいや、とやったのではなく、非常に全員がハッピーになった」と笑顔で語った。

KKRは今回、自社の保有株全株を500億円で売却することに成功した。325億円は借入金でレバレッジをかけており、KKRの自己資本は30%、約100億円程度と推測される。必要経費を勘案しても3年弱で数倍になった計算で、確かに大変な成功といえるだろう。

一方のインテリジェンス側に立つと、いずれはKKRから卒業を果たさなければならない中で、再上場や他社への身売りなどさまざまなシナリオを描き、KKRと協議してきた。その中で“本命”と定めたのがテンプだった。

業界会合がM&Aのきっかけ

テンプとの交渉は、昨年春先に行われた業界の会合の2次会で、高橋社長がテンプの水田正道副社長を「もう一軒、行きませんか」と誘ったことから始まった。銀座で鍋をつつきながら「ウチ(インテリジェンス)に興味はないでしょうか」と逆プロポーズをしたという。

インテリジェンスを買えるだけの財務力を持つのは、国内の同業ではリクルートとテンプしか見当たらない。それ以外は国内の他業種、海外の同業といった選択肢もあったようだが、事業ポートフォリオの補完関係などを考えると、確かにテンプがベストといえそうだ。 「大変重たい意思決定。社内でいろいろなリスクを検討した」(水田副社長)との言葉通り、テンプにとっては大きな決断となった。 

次ページ大型M&Aに踏み切った理由とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT