ベンツ「Eクラス」の自動運転は何がスゴいか

最新進化の性能を試してみた

操縦すると、これ2リッター?というほどのパワフルさと、同時にメルセデス車の美点を継承していることに感心するのだった。

メルセデス・ベンツE200アバンギャルドスポーツのエンジンは、1991ccの4気筒。最高出力は135kW(184ps)で、最大トルクは300Nmとなる。走り出しからじつにスムーズで、途中からの加速も気持ちがよい。2000rpmあたりから眼にみえてぐんぐんと加速し、スムーズに吹け上がる感覚はガソリンエンジンの美点である。

静かなエンジンであることも特徴的で、アイドリングはほぼ無音と思えるほど。回転が上がっていくときも耳ざわりなノイズ(とバイブレーション)は感じられず上質感がたっぷりある。メルセデス・ベンツ車は安定感が強いが、それでいて運転していて飽きない。その理由のひとつが、エンジンフィールのよさなのではないかと思われる。

もうひとつの魅力はステアリングホイールを切ったときの動きだ。メルセデス・ベンツ車のよさはワインディングロードで顕著に表れるのだけれど、それは車体の動きがじつに安定しているからだ。

ステアリングホイールを早い速度で切り込んでも車両は不安定になることなく、じわっと一定の速度でロールしていく。ゆえにドライバーは不安なく早いペースでとばすことができる。高速道路の不整路面でステアリングホイールに影響が出ないのと同じで、どんな道でも変わらない。それがメルセデス車のポリシーであり、新型Eクラスはそのよさをきちんと備えている。

12.3インチTFTモニター2つ備え、中央のモニターの画面にはステアリングホイールに備わって親指でスクロールできる「タッチコントロール」用画面が映っている

車線がはっきりしない路面でも先行車に自動で追従しコースから逸脱しないように自動でステアリング操作を支援する。さらにウィンカーレバーの操作のみでステアリングホイールから手を離していても安全確認をしながら自動で車線を変更する。実際に経験すると驚くほどだ。自動車庫入れだけでなく、最新の自動運転技術も新型Eクラスの特徴ということがよくわかる。

側面衝突が不可避となったとき前席に内藏されたエアチャンバーが膨張して乗員をドアから遠ざける「PRE-SAFEインパルスサイド」は世界初採用

伝統と革新という言葉があるけれど、新型Eクラスはまさにその両方のいいところを持っている。驚くべきセダンだ。このあと、さきに触れたように同じ2リッターエンジンの4MATIC(698万円)、2リッターディーゼルの220dアバンギャルド(698万円〜)、パワフルな2リッターエンジン搭載のE250アバンギャルドスポーツ(756万円)、3.5リッターV6のE400 4MATICエクスクルーシブ(988万円)とラインナップが拡充していく。

迷うところだが、いまのところE200アバンギャルドスポーツに不満は感じられない。選んで損はないだろう。

(文:小川 フミオ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT