中国の不動産規制懸念だが、中小型株は続伸も

5日以降の日本株見通し

アベノミクス相場はどこまで続く?

昨日4日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末の終値と比べ、45円91銭高の1万1652円29銭と3日続伸。終値ベースでは2月25日の1万1662円52銭にわずかに届かなかっものの、取引時間中のザラ場ベースでは一時1万1767円68銭の高値をつけ、年初来高値を更新した。

昨日の相場は、黒田東彦・日銀次期総裁候補の国会での所信聴取を受けて買いが先行したが、大阪証券取引所のシステム障害が発生、日経平均オプションの取引が停止。同日11時過ぎから日経平均先物の取引も停止するなど、流動性低下の懸念から上げ幅を縮小した。

次ページ4日はシステムトラブルに見舞われたが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT