中国の不動産規制懸念だが、中小型株は続伸も

5日以降の日本株見通し

アベノミクス相場はどこまで続く?

昨日4日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末の終値と比べ、45円91銭高の1万1652円29銭と3日続伸。終値ベースでは2月25日の1万1662円52銭にわずかに届かなかっものの、取引時間中のザラ場ベースでは一時1万1767円68銭の高値をつけ、年初来高値を更新した。

昨日の相場は、黒田東彦・日銀次期総裁候補の国会での所信聴取を受けて買いが先行したが、大阪証券取引所のシステム障害が発生、日経平均オプションの取引が停止。同日11時過ぎから日経平均先物の取引も停止するなど、流動性低下の懸念から上げ幅を縮小した。

次ページ4日はシステムトラブルに見舞われたが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT