中国の不動産規制懸念だが、中小型株は続伸も

5日以降の日本株見通し

アベノミクス相場はどこまで続く?

昨日4日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末の終値と比べ、45円91銭高の1万1652円29銭と3日続伸。終値ベースでは2月25日の1万1662円52銭にわずかに届かなかっものの、取引時間中のザラ場ベースでは一時1万1767円68銭の高値をつけ、年初来高値を更新した。

昨日の相場は、黒田東彦・日銀次期総裁候補の国会での所信聴取を受けて買いが先行したが、大阪証券取引所のシステム障害が発生、日経平均オプションの取引が停止。同日11時過ぎから日経平均先物の取引も停止するなど、流動性低下の懸念から上げ幅を縮小した。

次ページ4日はシステムトラブルに見舞われたが…
人気記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。