中国の不動産規制懸念だが、中小型株は続伸も

5日以降の日本株見通し

アベノミクス相場はどこまで続く?

昨日4日の東京株式市場は、日経平均株価が前週末の終値と比べ、45円91銭高の1万1652円29銭と3日続伸。終値ベースでは2月25日の1万1662円52銭にわずかに届かなかっものの、取引時間中のザラ場ベースでは一時1万1767円68銭の高値をつけ、年初来高値を更新した。

昨日の相場は、黒田東彦・日銀次期総裁候補の国会での所信聴取を受けて買いが先行したが、大阪証券取引所のシステム障害が発生、日経平均オプションの取引が停止。同日11時過ぎから日経平均先物の取引も停止するなど、流動性低下の懸念から上げ幅を縮小した。

次ページ4日はシステムトラブルに見舞われたが…
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT