なぜ「IS」の残忍性は、増し続けているのか

85歳の司祭はミサ中に惨殺された

「Daesh (ダーシュ)」の別名を持つISは残虐なポストモダニストだ。しかし、この種のポストモダニズムは、1990年代のヤング・ブリティッシュ・アーティストの作品を表現するために使われる、審美的なポストモダニズムと比較されたり、混同されるべきではない。

そうしたアーティストの中には、「生者の心における死の物理的不可能性」と題したサメのホルマリン漬けで有名なダミアン・ハーストや、「マイ・ベッド」のトレイシー・エミンらがいる。

彼らは対象物をフレームに収め、また、メディアが作品をフレームに収めることを期待している。もちろん、時折「くだらない」という非難を浴びることもある。

それでも、彼らは企業家精神を持ったアーティストであり、数百万ドルを稼いで平穏に暮らしている。実際、ホルマリン漬けのサメは800万〜1200万ドルで売れた。

全力使った「殺人アート」

対照的に、ISは西側に殺人アートを提供し、メディアを使っている。不穏の度を募らせる西側諸国で、各国のタブーや習慣、礼儀、そして何よりも、自由な組織とメカニズムを攻撃している。

政治学者のフランシス・フクヤマは、自由資本民主主義がソビエトの共産主義に勝利したことを「歴史の終わり」と呼んだ。彼は他に重要なことは何も起こらないだろうと述べたが、すべての社会は「人間社会の異なる、また、高度な構造を表現している見せ掛けのイデオロギーに決着をつける」と話している。

特にISのような構造を持つイスラム過激派は、これが間違いだということを証明している。イスラム過激派は全力を投じて、西側文化を人間社会の「高度な構造」の中に引きずり込んでいる。

7月14日、フランス南部ニースで、花火を見ていた群衆にトラックが突っ込み、多数が死亡した。トラックの周辺に集まる警官隊(写真: ロイター/Eric Gaillard)

ISがこれまでになく怪物的な組織となっているのは、そのメッセージが即座に吸収される性質を持っているからだ。それは、あらゆる手段を講じて「十字軍の連合諸国を攻撃する」というものだ。

ニースのトラック殺人者モハメド・ラフエジブフレル、6月にフロリダ州オーランドの同性愛者向けナイトクラブで49人を殺害したアフガン系米国人のオマル・マティーン、そしてミュンヘンで9人を殺害したドイツ系イラン人のアリ・ダビド・ソンボリらは、ISとわずかな接点があっただけだ。彼らはおそらく、インターネットにあるISのプロパガンダに刺激され、短期間で独自に過激化したのだろう。

次ページイスラエルに学ぶべき?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。