南米から「赤い丸ノ内線」が里帰りしたワケ

「地下鉄車両の基礎」を走れる状態で保存へ

画像を拡大
雨の環八通りを走る旧丸ノ内線車両(撮影:尾形文繋)

現地で昨年12月に廃車となった4両は、今年5月上旬にアルゼンチンから横浜を目指して出港。約2カ月の船旅を経て7月11日に大黒ふ頭(横浜市)に到着し、同月21・22日の未明に2両ずつトレーラーにて中野車両基地に搬入された。現在は同基地に留置されており、これから補修に向けた具体的な調査を行う予定だ。

補修の完了後は社員の研修用のほか、イベントなどでの活用も予定している。遠藤さんは「せっかく動く状態にするのであれば、お客様への還元としてイベントなどで活用していきたい」と語る。

ただ、車両基地内などはともかく、丸ノ内線の営業路線を走る姿を見るのは難しそうだ。「ブエノスアイレス側にも『里帰りしたら、桜が満開の四ツ谷を走る風景の写真を送ってくれ』と言われたが、それは難しい」と吉橋さん。本線上を走らせるとすると、ATC(自動列車制御装置)などを積まなければならないといった問題があるためだ。補修の目標はあくまで「動かせる状態にすること」と吉橋さんは説明する。

復活はいつになる?

画像を拡大
中野車両基地に搬入された車両。ドアの上にブエノスアイレス地下鉄の運行会社「Metrovias」のロゴが残っている(撮影:尾形文繋)

いつ補修を終えるのかについては「細かい調査をこれから行うので、現状ではいつまでに補修するかを明確に答えるのは難しい」(遠藤さん)という。だが、東京メトロにとって来年は一つの節目となる年だ。2017年12月は日本初の地下鉄である銀座線が開業してからちょうど90年に当たる。このタイミングに合わせて赤い丸ノ内線電車が復活すれば、大きな注目を集めるに違いないだろう。

実は、東京メトロの電車の国内からの里帰りには前例がある。1994年に全車が引退し、多数が長野県の長野電鉄に譲渡された日比谷線の「3000系」だ。長野電鉄での活躍を終えた2両が2007年に東京メトロに戻り、走ることのできる状態で保存されている。こちらも主な目的は「技術の伝承」だが、一般向けのイベントでも公開されている。

巨大都市東京の発展を支えてきた地下鉄。東京メトロのいう技術の伝承はもちろん、都市の歴史を語る文化遺産、鉄道技術の歴史を伝える産業遺産としても、貴重な車両が動く状態で保存される意義は高い。ロンドンやニューヨーク、パリなど、古くから地下鉄網が発達した都市では、歴史的な旧型車両が動く状態で保存され、イベントなどで実際に本線上を走る姿を見ることができる。里帰りを果たした、かつての地下鉄の象徴である「赤い丸ノ内線」が、多くの人の目に触れる形で保存されることを期待したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT