ポケモンGOに夢中の若者2人が「国境超え」

カナダから米国に違法越境

 7月23日、スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」に夢中になっていた若者2人が、知らないうちにカナダから米国に違法越境していたことが分かった。写真は11日トロントで撮影(2016年 ロイター/Chris Helgren)

[23日 ロイター] - スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」に夢中になっていた若者2人が、知らないうちにカナダから米国に違法越境していたことが分かった。現場はモンタナ州の遠隔地で、米国税関国境警備局が明らかにした。

2人の氏名は公表されておらず、21日に米国側で警備員に発見されたという。

このゲームでは、オフィスや飲食店、博物館などさまざまな場所でスマホ画面上にポケモンのキャラクターが現れる。プレーヤーはそうしたキャラクターを探し当て、画面フリックの操作で捕まえるなどの手段でポイントを獲得する。

配信開始以来、スペインからオーストラリアまで、広く予想外の人気となっているが、プレーヤーが夢中になってしまうことから、交通事故などの事例が多発している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 鉄道漫遊記
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。