3.3兆円の賭け、孫社長の目線の先にあるもの

ソフトバンクが再び挑む主力事業の大転換

反面、「高い買い物ではないか」、との見方も根強い。発表翌日のソフトバンク株が11%も値を下げたのは「高値づかみ」の懸念を色濃く反映したものだった。発表直前のARMの時価総額は2.3兆円。孫社長は5割近いプレミアムを乗せて買収する。2~3割が相場といわれる中で倍近く上乗せするのだから、株主の利益を考えればARM経営陣は反対しようがない。

一方で、ARMは英国のEU離脱にもかかわらず株価を上げた、珍しい企業だ。発表前の時価総額が純資産の8倍近い2.3兆円だったのも成長期待が大きい証し。

その源泉は半導体チップを設計する優秀なエンジニアで、米半導体大手インテルすらも一目置く。彼らに辞められたのでは買収した意味がない。

ケンブリッジの本社をそのままにする、現経営陣は優秀だから替えない、5年で英国での雇用を倍にする、中立・独立性を維持するなど、孫社長が強調したのは人材流出を危惧しているからだ。

ソフトバンク元幹部も心配する「ARMは技術主体、ソフトバンクは営業の強い会社。違いすぎる社風が流出の原因にならなければいいが」。

「変身」への課題は多そうだが…

ARM創業者は買収発表の18日を「英国にとって悲しい日」とし、「半導体分野で次に起きることを英国ではなく日本が決めることになる」と独立性喪失にツィッターで懸念を表明。すると孫社長はすぐに電話して、「志をがっちり受け止めるからさみしがらないでくれ」と諭した。

当記事は「週刊東洋経済」7月30日号 <25日発売>からの転載記事です

人材流出を避けられても、「スマホ向けで出遅れたインテルがIoTでの巻き返しを狙っている」(通信会社幹部)など、ARMの未来は盤石でない。「向こう3~4年の優位は揺るがないが、その先はわからない。他社から新たな高性能チップが出てくる可能性はある」(同)。

周囲の懸念を覆し事業転換してきた孫社長。今回の賭けでも見事変身できるか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。