宿泊予約の一休、ANAと組みアゴアシ充実

テレビ露出増え会員増も加速

レストラン予約もクリスマスに新規会員が増えたことにより、今後、恒常的な予約件数増が期待できる。

来14年3月期についても、宿泊を含め会員数の順調な増加が見込めそうだ。純利益は今13年3月期に続き、2期連続で過去最高を更新する可能性が高い。中長期的な配当性向のメドとして1株利益の40%程度を掲げていることから、来期も増配が予想される。

いったん頓挫した海外向けに再挑戦も

会員数の増加に応じて、付加サービスを充実させる。

昨年12月には、ネット寄せ書きに宿泊・飲食ギフト付加した新サービス、「サプレ!」が本格稼働したことに加え、ANA、ANAセールスと提携して航空券と宿泊施設のセット予約「ANA一休パック」(写真)の販売を開始した。

これまでも宿と航空チケットの予約は可能だったが、ANAグループとの提携と同時にサイトの利便性をアップ。トップ画面から予約画面へジャンプできるほか、旅行日程に合わせてあらかじめ飛んでいる便の空き状況をリアルタイムに反映し、旅行プランと旅行代金をスムーズに提供できるようにした。大手チケット予約サイトなどと遜色ない機能にすることにより、顧客の取りこぼしを防ぐ戦略だ。

会社側では「沖縄や北海道といったリゾート地域への観光需要だけでなく、地方から都内へのビジネス出張需要なども喚起したい」と説明している。

将来的には国内に加え、海外でのホテルの予約サービスにも進出できないか検討中だ。国内とはまた別のノウハウが必要なうえ、外資ホテルチェーンごとに予約エンジンが異なるなど課題は多い。

が、中国での現地合弁展開から前12年3月期に撤退し特別損失1.3億円を計上した経験を糧に、海外ビジネスへ再チャレンジの機会を伺う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT