403年目で初の創業家以外の社長誕生 竹中工務店が33年ぶりの社長交代

印刷
A
A

経営トップの刷新と同時に行われる機構改革は、当面、本社機能のスリム化と現場の人員増強、営業体制の見直しなどが中心となる。なかでも急を要する労務費問題解消のため、渡邊副会長を中心に職人の育成と、新技術の導入などによる現場の工数低減など、大幅なテコ入れを検討する。一方、大手各社が注目する海外事業は、12年には売上高の17%を占めるまでに成長している。創立40~50周年を迎える欧州、アジアの各拠点を中心に新規受注獲得を目指し、アメリカでのホテル経営などを含め安定的に20%前後を目指す。

これまで建築「作品」を重視し、とかく「点の事業」に目が向きがちだったが、開発畑出身の宮下社長は「国土強靭化やスマートシティなど環境エネルギー関連を視野に入れた広い意味での開発事業に力を入れていく。異業種とのコンソーシアムによって新しいビジョンを持った町づくりを創造していく」(宮下新社長)。PFI、再開発なども、リスク管理をきちんとしたうえで取り組む方針という。

400年の歴史で初

400年の歴史で初の創業家以外の社長誕生で「新たな企業文化創造」(竹中新会長)が期待されるが、宮下氏に特別な気負いはない。「堅実なるべしという創業以来の原点を忘れず、次の100年に向けて魅力ある「竹中」を創る」と静かな表情で語る。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
平気で「おにぎり」を買う人が知らない超残念な真実
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
三井物産、肝煎りの「ロシアLNG」で正念場
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT