寄り付きの日経平均、1万6000円台を回復

1ドル102円台まで進行した円安を好感

 7月12日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比252円48銭高の1万5961円30銭と大幅続伸で始まった。東証で2015年7月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比252円48銭高の1万5961円30銭と大幅続伸で始まった。前日の米国株高に加え、外為市場で1ドル102円台まで進行した円安を好感した。

国内での大型経済対策への期待も持続し、幅広い銘柄に買いが先行している。日経平均は寄り後、取引時間中としては英国の欧州連合(EU)離脱が決まった6月24日以来の1万6000円台回復となった。保険、銀行などの金融株が高く、自動車、電機などの輸出株も買われている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT