寄り付きの日経平均、1万6000円台を回復

1ドル102円台まで進行した円安を好感

 7月12日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比252円48銭高の1万5961円30銭と大幅続伸で始まった。東証で2015年7月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比252円48銭高の1万5961円30銭と大幅続伸で始まった。前日の米国株高に加え、外為市場で1ドル102円台まで進行した円安を好感した。

国内での大型経済対策への期待も持続し、幅広い銘柄に買いが先行している。日経平均は寄り後、取引時間中としては英国の欧州連合(EU)離脱が決まった6月24日以来の1万6000円台回復となった。保険、銀行などの金融株が高く、自動車、電機などの輸出株も買われている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。