LINE、1株当たり仮条件発表を28日に延期

市場環境見極め、上場予定日は7月15日

 6月27日、LINEは、新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件の決定を28日に行う。写真は都内で2014年9月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - LINE<3938.T>は、新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件の決定を28日に行う。同社が関東財務局に提出した訂正有価証券届出書で明らかにした。市場環境などを勘案したうえで総合的に判断したと説明した。

上場の日程や公募増資で発行する新株の数量などに変更はない。公開価格は7月11日に決定する。

同社は7月14日(米東部時間)にニューヨーク、15日に東京で上場する予定。

英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受け、主要国の株式相場は24日、大幅に下落した。週末を経て、27日の東京市場は値を戻したものの、仮条件の決定には海外市場の動向も見極めるべきと判断したとみられる。

 

(江本恵美、取材協力:志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT