LINE、1株当たり仮条件発表を28日に延期

市場環境見極め、上場予定日は7月15日

 6月27日、LINEは、新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件の決定を28日に行う。写真は都内で2014年9月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 27日 ロイター] - LINE<3938.T>は、新規株式公開(IPO)における1株当たりの仮条件の決定を28日に行う。同社が関東財務局に提出した訂正有価証券届出書で明らかにした。市場環境などを勘案したうえで総合的に判断したと説明した。

上場の日程や公募増資で発行する新株の数量などに変更はない。公開価格は7月11日に決定する。

同社は7月14日(米東部時間)にニューヨーク、15日に東京で上場する予定。

英国の欧州連合(EU)離脱の決定を受け、主要国の株式相場は24日、大幅に下落した。週末を経て、27日の東京市場は値を戻したものの、仮条件の決定には海外市場の動向も見極めるべきと判断したとみられる。

 

(江本恵美、取材協力:志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT