英EU離脱受け、ドル調達コストが上昇

米短期金融市場で、危険な状況ではない

[ニューヨーク 24日 ロイター] - 24日の米短期金融市場では、英国が欧州連合(EU)離脱を決定したことを受け、ドル資金の確保を急ぐ動きが加速し調達コストが上昇した。

世界同時株安となる中、マネー・マーケット・ファンド(MMF)や他のキャッシュ投資家の間では貸し渋りの様相が強まった。

ICAPによると、短期資金の調達市場であるレポ市場の金利はビッドで0.80%と、3月31日(0.85%)以来の水準に上昇した。

翌日物レポ金利は一時1%を突破。前日は0.60%だった。

ウェドブッシュ証券のマネジングディレクター、スコット・スクリム氏はリサーチノートで「流動性が不足しているとの見方から、レポ市場ではパニック的な様相を呈した」と指摘した。

ドル資金への需要は通貨市場でも顕著となった。ICAPによると、ドル/ユーロの3カ月物クロスカレンシースワップ(CCS)<EURCBS3M=ICAP>のコストプレミアムは気配値でマイナス46bpと、ユーロ建ての支払いをドル建てに変えるための上乗せプレミアムが昨年12月初旬以来の水準に拡大した。

ただアナリストは、ドル調達コストの大幅上昇はやや懸念材料だが、危険な状況にはまだないとの見方を示している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。