英ポンドが対ドルで年初来高値を更新

賭け業者予想で「離脱確率」が大幅に低下

6月23日、序盤のロンドン市場で、ポンドが対ドルで1%超上昇し、年初来高値をつけた。賭け業者の予想オッズでは、国民投票で英国のEU離脱が決まる確率が低下している。ロンドンの投票所で撮影(2016年 ロイター/NEIL HALL)

[ロンドン 23日 ロイター] - 23日序盤のロンドン市場で、ポンドが対ドル<GBP=D4>で1%超上昇し、年初来高値をつけた。ブックメーカー(賭け業者)の予想オッズでは、国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まる確率が低下している。

ベットフェアの予想オッズによると、離脱の確率は約15%と、残留派の女性議員が殺害される前の40%超を大幅に下回っている。

ポンドは1.2%高の1.4889ドルまで上昇。その後は1.4855ドル近辺で推移している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。