英ポンドが対ドルで年初来高値を更新

賭け業者予想で「離脱確率」が大幅に低下

6月23日、序盤のロンドン市場で、ポンドが対ドルで1%超上昇し、年初来高値をつけた。賭け業者の予想オッズでは、国民投票で英国のEU離脱が決まる確率が低下している。ロンドンの投票所で撮影(2016年 ロイター/NEIL HALL)

[ロンドン 23日 ロイター] - 23日序盤のロンドン市場で、ポンドが対ドル<GBP=D4>で1%超上昇し、年初来高値をつけた。ブックメーカー(賭け業者)の予想オッズでは、国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まる確率が低下している。

ベットフェアの予想オッズによると、離脱の確率は約15%と、残留派の女性議員が殺害される前の40%超を大幅に下回っている。

ポンドは1.2%高の1.4889ドルまで上昇。その後は1.4855ドル近辺で推移している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT