英ポンドが対ドルで年初来高値を更新

賭け業者予想で「離脱確率」が大幅に低下

6月23日、序盤のロンドン市場で、ポンドが対ドルで1%超上昇し、年初来高値をつけた。賭け業者の予想オッズでは、国民投票で英国のEU離脱が決まる確率が低下している。ロンドンの投票所で撮影(2016年 ロイター/NEIL HALL)

[ロンドン 23日 ロイター] - 23日序盤のロンドン市場で、ポンドが対ドル<GBP=D4>で1%超上昇し、年初来高値をつけた。ブックメーカー(賭け業者)の予想オッズでは、国民投票で英国の欧州連合(EU)離脱が決まる確率が低下している。

ベットフェアの予想オッズによると、離脱の確率は約15%と、残留派の女性議員が殺害される前の40%超を大幅に下回っている。

ポンドは1.2%高の1.4889ドルまで上昇。その後は1.4855ドル近辺で推移している。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT