仕事のできない人は「暗記」のコツを知らない

たった3つのステップで効率は格段に上がる

難しいのは、知識は仕入れるだけではダメで、「使えなければいけない」ということ。できる人は、「知識として使えるように覚える」ことができます。たとえば、本で読んだばかりの内容を、すぐに自分の言葉で表現できるのは、そのためです。

「しぼる・まとめる・図で覚える」―短時間で覚えるコツ

では、「使える知識として覚える」コツとは、どういうものでしょう?

ポイントは3つです。

1、ポイントを「しぼる」
2、関連する情報を「まとめる」
3、視覚化して「図で覚える」

 

この3つのステップで、誰でも短時間で効率的に覚えることができます。具体的に説明しましょう。

1、ポイントを「しぼる」

どんなに頭のいい人だって、覚えられる情報には限度があります。だからこそ、覚えるべき情報に狙いをつけ、頭に入りやすいサイズに圧縮して覚えるのが効率的です。

たとえば、あなたが「インバウンド」の知識を新たに習得したいとします。関連書籍を3冊ほど読めば、ある程度の知識は仕入れることができますが、すべてを網羅しようとしたら大変です。そこで、3冊の本を見比べて、「3冊いずれにも書いてあるキーワードは、必ず覚える」。この基準で覚えるキーワードをしぼるのです。こうすれば、重要な知識だけを効率的に覚えることができます。

2、関連する情報を「まとめる」

多くの人がつまずくのは、せっかく覚えても、すぐに忘れてしまうこと。大切なのは、「忘れない知識にする工夫」です。関連する情報を「まとめる」のは、まさにそのため。強固な「記憶の鎖」をつくり、忘れない知識にするのです。

ここで、「忘れられない記憶」の状態を確認してみましょう。たとえば高校時代のクラスメイトで、よく覚えている人を思い出してください。私だったら「高橋くん」を思い出します。思い出すのは、彼の顔と名前以外に、彼がサッカー部で大活躍していた姿、英語が大の苦手でテストの度に追試を受けていた過去、これらも一緒に「自然に」思い出してしまいます。

つまり、忘れない「強固な記憶」とは、複数の情報が「セットになっている」ということ。1つのキーワードから、「芋づる式」に思い出すことができるのです。この性質を応用すれば、暗記するときは「セットで」覚えればよいとわかります。知識をつなげ、意図的に記憶を強化していくのです。

次ページ図式化し、映像にして覚えてしまう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT