原因不明の体調不良は一体なぜ起こるのか

整体・鍼灸治療のプロが指南する対処法

特に、振動覚に負担が掛かることで影響する平衡覚(三半規管)は乳児と同じハイハイ運動とともに発達します。乳児はハイハイが上達するに従って、三半規管も発達して平衡覚が完成されていきます。ハイハイ運動が上手になり、高這いができるようになる頃、三半規管は完成します。

「寝返り運動」、「正座ストレッチ」も有効

ほかにも有効な運動がいくつかあります。

① 寝返り運動

寝返りは2カ月の乳児に起こる反射を呼び起こすための運動です。反射を利用して、延髄から脳橋へ移行する脳刺激を促すために行います。まずは床に寝そべります。次に、手と足の形を作ります。そしてその形を保持したまま、ゆっくりと左右に寝返りを行います。勢いで左右に動くのではなく、ゆっくりと動かすことを意識します。

実際に行うと、動きやすい方向と動きにくい方向があると思います。これは体の癖です。寝返り運動を行う際は、あまり気にせず、ゆっくりと確実に左右で30回行います。

『原因不明の体調不調は「振動覚」の狂いが原因だ!』(セルバ出版)。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

② 正座ストレッチ

ハイハイにより交差性パターンが確立されたら人はこれから2足歩行を行うための準備に入ります。人は、ハイハイからいきなり立ち上がるわけではありません。2本足で歩く前につかまり立ちをします。そのつかまり立ちの行為として、座位で行うエクササイズがお勧めです。正座から立ち上がる際の足の形を利用したストレッチです。

具体的には、つま先を立てて正座し、お尻に体重を乗せ、上体をゆっくり前後へ傾けます。この時、なるべくつま先が内側に入らないように注意するのがポイントです。つま先が内側に入るとお尻が開きます。お尻には尾てい骨(尾骨)があります。尾骨は体内圧のバランサーとなっており、また中心軸に影響が強い部分となります。この部分を開いてしまうと、エクササイズとしては逆効果となってしまいます。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT