フロリダ乱射事件、容疑者の妻を訴追へ

事前に計画知っていた疑い

 6月14日、捜査関係者によると、米フロリダ州オーランドで起きた乱射事件で、容疑者の妻が攻撃計画を事前に知っていた疑いが強まり、近く訴追される可能性がある。事件現場で12日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[オーランド(米フロリダ州) 14日 ロイター] - 米フロリダ州オーランドの同性愛者向けナイトクラブで49人が死亡した乱射事件で、死亡したオマル・マティーン容疑者の妻が攻撃計画を事前に知っていた疑いが強まり、近く訴追される可能性があるという。捜査関係者が14日明らかにした。

関係者によると、既に連邦大陪審で手続きが行われており、15日にも訴追される可能性があるという。

フォックスニュース電子版は連邦捜査局(FBI)関係筋の話として、妻が捜査当局に攻撃計画について知らせなかったなどとして、検察が訴追する意向だと伝えた。

NBCニュースは、妻がマティーン容疑者に攻撃をやめさせようと説得していたと報道。一方で、妻がFBIに対し、容疑者が事件現場のナイトクラブを下見するために車で送ったことがあると話したとも伝えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。