パナソニック、9月末にTV用液晶パネル撤退

医療用や車載用の液晶ディスプレー生産へ

 5月31日、パナソニックが、不採算が続いていたテレビ用液晶パネルの生産から撤退することがわかった。都内の家電量販店で2014年4月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - パナソニック<6752.T>が、不採算が続いていたテレビ用液晶パネルの生産から撤退することがわかった。唯一の拠点である姫路工場(兵庫県姫路市)での生産を今年9月末までに終了する。同社広報担当者が31日、明らかにした。

同社は韓国メーカーなどからテレビ用液晶パネルの供給を受けており、液晶テレビの生産・販売は継続する。2010年に操業開始した姫路工場は韓国や中国メーカーなどとの価格競争を強いられ赤字が続いていた。

テレビ用パネルの生産を終了する16年度下期以降は生産量を4分の1に絞り込んで、医療用や車載用の液晶ディスプレーを生産する。姫路工場では約1000人が働いているが、従業員100人程度は他の工場に配置転換する。

 

 

(浜田健太郎)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。