素材も耐えきれぬ"六重苦"と電機凋落

昭和電工が国内工場の抜本再編へ

ただ、統廃合となれば閉鎖する工場では雇用問題が大きな焦点となる。「それぞれ現地の雇用もあり手をつけずに来た。微妙な問題」(市川社長)だが、環境の悪化を考えれば、そうも言っていられない。国内事業の抜本的な見直しは待ったなしである。

歴史的な水準に定着している円高や電力コストの上昇、自由貿易協定(FTA)への対応の遅れ――など、日本の製造業は海外に比べて競争条件で不利な点が指摘され、“六重苦”に置かれている。

加えて、半導体や液晶パネルなどをはじめとして、これまで国際的に強く、素材メーカーとともに成長してきた日本の電機メーカーは韓国、台湾、中国勢に侵攻され、競争力を失っている。

石油化学の国際競争力も低下

自身の問題もある。昭和電工が主力の一つとする石油化学においては、安価な原料を使う中東勢の台頭や、最大の需要地である中国における国内生産拡大の動きに、米国のシェールガス革命なども加わり、競争力は低下。石油化学の基礎原料であるエチレンプラントは、今年8割台の低稼働を強いられ、「来年(13年)も大きな需要回復は見込めない」(市川社長)。

こうした状況下にあって、国内で従来どおりの生産体制を維持することは難しい。そのうえ、今後、新たな生産基地は海外に設けるのが定石――。というのが昭和電工の置かれた状況だ。

そしてこれは昭和電工にかぎらず、日本の素材メーカーに、多かれ少なかれ共通した問題だろう。ニッポン製造業の空洞化が一段と進む。そんな可能性がますます強まってきた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT