スバル、米国で4万8500台リコール

「レガシー」等でステアリングに不具合

 5月12日、富士重工業の米現地法人スバル・オブ・アメリカは、米国で「レガシー」と「アウトバック」の2016─17年モデル4万8500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[ワシントン 12日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>の米現地法人スバル・オブ・アメリカは12日、米国で「レガシー」と「アウトバック」の2016─17年モデル4万8500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

ステアリングに深刻な問題が生じる恐れがあるとして、必要に応じた点検・修理を受けるまで所有者に運転を控えるよう警告した。

ディーラーが点検を行い、必要であればステアリングコラムを交換する。

対象車は2月29日から5月6日に製造されたもので、ステアリングコラムの設置が不適切に行われた可能性があり、ハンドル操作が正しく機能しない恐れがあるという。

米道路交通安全局(NHTSA)への通知によると、この欠陥に関連した負傷者や衝突事故の報告はない。

スバルは今月3日にアウトバックの所有者から不具合の報告を受け、9日に販売を停止した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。