スバル、米国で4万8500台リコール

「レガシー」等でステアリングに不具合

 5月12日、富士重工業の米現地法人スバル・オブ・アメリカは、米国で「レガシー」と「アウトバック」の2016─17年モデル4万8500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[ワシントン 12日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>の米現地法人スバル・オブ・アメリカは12日、米国で「レガシー」と「アウトバック」の2016─17年モデル4万8500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

ステアリングに深刻な問題が生じる恐れがあるとして、必要に応じた点検・修理を受けるまで所有者に運転を控えるよう警告した。

ディーラーが点検を行い、必要であればステアリングコラムを交換する。

対象車は2月29日から5月6日に製造されたもので、ステアリングコラムの設置が不適切に行われた可能性があり、ハンドル操作が正しく機能しない恐れがあるという。

米道路交通安全局(NHTSA)への通知によると、この欠陥に関連した負傷者や衝突事故の報告はない。

スバルは今月3日にアウトバックの所有者から不具合の報告を受け、9日に販売を停止した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。