スバル、米国で4万8500台リコール

「レガシー」等でステアリングに不具合

 5月12日、富士重工業の米現地法人スバル・オブ・アメリカは、米国で「レガシー」と「アウトバック」の2016─17年モデル4万8500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。2015年11月撮影(2016年 ロイター/Issei Kato)

[ワシントン 12日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>の米現地法人スバル・オブ・アメリカは12日、米国で「レガシー」と「アウトバック」の2016─17年モデル4万8500台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

ステアリングに深刻な問題が生じる恐れがあるとして、必要に応じた点検・修理を受けるまで所有者に運転を控えるよう警告した。

ディーラーが点検を行い、必要であればステアリングコラムを交換する。

対象車は2月29日から5月6日に製造されたもので、ステアリングコラムの設置が不適切に行われた可能性があり、ハンドル操作が正しく機能しない恐れがあるという。

米道路交通安全局(NHTSA)への通知によると、この欠陥に関連した負傷者や衝突事故の報告はない。

スバルは今月3日にアウトバックの所有者から不具合の報告を受け、9日に販売を停止した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • コロナ後を生き抜く
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT