富士重工業が社名を変更、「SUBARU」へ

2017年4月1日から新商号に

 5月12日、富士重工業の吉永泰之社長(写真)は決算会見で、2021年に電気自動車の投入を計画していると述べた。写真は2014年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 12日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は12日、商号を「SUBARU」に変更すると発表した。2017年4月1日から新商号となる。

6月28日開催の株主総会で、商号に関する定款の一部変更の承認を得る予定。

また吉永泰之社長は12日の決算会見で、2021年に電気自動車の投入を計画していると述べた。また同社は、タカタ<7312.T>のエアバッグ問題をめぐる2015年度通期のリコール費用が170億円に上ると明らかにした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT