テスラ、2017年発売「モデル3」をまだ設計中

1週間で32.5万台の予約があったが…

 5月10日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズは、1年半以内に生産開始を予定する新型セダン「モデル3」について、設計が完了していないことを明らかにした。写真は同社のロゴ。カリフォルニア州で昨年4月撮影(2016年 ロイター/Elijah Nouvelage)

[サンフランシスコ/デトロイト 10日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズ<TSLA.O> は10日、1年半以内に生産開始を予定する新型セダン「モデル3」について、設計が完了していないことを明らかにした。

米証券取引委員会(SEC)に提出された四半期報告によると、カリフォルニア州フリーモントの同社工場を拡張する計画だが、まだ進行途中であり、モデル3向けの部品の調達・製造の一部が未定だとした。「目下、サプライヤーを評価し、条件を絞り、選定している」という。

同社はこれまでも、主力の高級セダン「モデルS」やスポーツ多目的車(SUV)「モデルX」の発売が遅れるなど、予定がたびたびずれ込んできた。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は先週、同社工場の2018年の生産台数を50万台とし、2年前倒しで目標達成を目指す方針を表明し、投資家を驚かせた。

バークレイズのアナリスト、ブライアン・ジョンソン氏は10日の電話インタビューで、生産加速計画は「挑戦的」だと語った。「設計作業を終わらせ、サプライヤーを確保し、1年半後に発売するのは難しいだろう」との見方を示した。

モデル3は予想販売価格が3万5000ドルと、モデルSの半値以下。テスラの生産台数や売上高を一気に押し上げ、同社を黒字転換させることが期待される。モデル3は予約開始から1週間で32万5000台の申し込みがあったという。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT